制作時に利用するブラウザはChromeにする

WordPressでホームページを作成するときに利用するブラウザについて。

作業時に利用するブラウザはChromeにする

作業時に利用するブラウザは Chrome にします。

理由1:一番多くの人が使っているブラウザだから

その理由の1つめとして「一番多くの人が使っているブラウザだから」というものがあります。

日本、デスクトップ・モバイル・タブレット・コンソール で使われているブラウザのシェア率は

https://gs.statcounter.com/browser-market-share/all/japan/#monthly-201808-201908

このようになっています。Chromeが46.05%と1位になっています。2位がSafari 32%ということです。Safariが多くなっている理由はMacが多いということではなく、日本でのiPhone普及率の高さ(iPhoneのデフォルトブラウザがSafari)が関係していると思われます。

デスクトップ(ノートパソコンを含む)だけの統計だと

https://gs.statcounter.com/browser-market-share/desktop/japan#monthly-201808-201908

このように圧倒的にChromeが1位で日本だと2位がIEという結果になっています。

ということで圧倒的に使われているChromeでWordPress制作作業をすると自動的に「多くの環境で見る状態で作業ができる」ので有利ということになります。

(補足:モバイルの利用率)
https://gs.statcounter.com/browser-market-share/mobile/japan#monthly-201808-201908

モバイルでは、iPhoneの利用率が高いため、Safariが1位となっています。

理由2:Chromeのデベロッパーツールを使えるから

ホームページを見てCSSを修正するまえに、Chromeのデベロッパーツールで修正した場合の見え方などを確認することができます。

Chromeのデベロッパーツールについては次のレッスンから詳しく説明します。

要復習