カテゴリー
WordPressのニュース

WordPress5.5がリリース!ブロックエディターが使いやすくなりました

8/12、WordPress5.5がリリースされました!

大型リリースのため、ブロックエディターや画像の遅延読み込み、サイトマップの自動生成など様々な部分が新しくなりました。

今回は、より使いやすくなったブロックエディターをご紹介。
記事作成にあたり、こちらの記事はWordPress5.5にアップデートした後のブロックエディターで書いています。

WordPress5.5のブロックエディターの変更点

ブロックエディターの編集画面

ブロックエディターの編集画面が変わりました!
ブロックを追加する+ボタンが見えやすくなっています。

さらに、豊富に用意されているブロックが左側から出てくるようになり、探しやすくなりました。

パターンブロックの利用

ブロックを追加するときに、上のタブにパターンというものが追加されました。
このWordPress側で用意されているパターンを使うことで、簡単に綺麗なレイアウトができるようになります。

再利用可能ブロックが見えやすくなりました

今までは目立たない位置にあった再利用ブロックですが、このようにタブ化され、見えやすくなりました。

画像の編集ができるようになりました

画像ブロックで切り抜きやズームなどができるようになりました。

切り抜く場合も画像をズームしたい場合も、以下の方法で行えます。

切り抜きマークをクリック

STEP
1

ズームもしくは切り抜きマークを選ぶ

STEP
2

「適用」をクリック

STEP
3

切り抜き

正方形
16:10
16:9
4:3
3:2
10:16
9:16
3:4
2:3

ズーム

100%(デフォルト)
200%
300%

画像位置に「幅広」「全幅」が追加

1カラム向けの画像位置が追加されました。
「幅広」「全幅」を使うことで、画像をダイナミックに表示することができます。

以下の画像はわかりづらいですが、幅広と全幅の設定になっています。

幅広
全幅

カラムブロックの縦ぞろえ

カラムブロックを横だけでなく縦でも揃えることができるようになりました。
デフォルトは「縦位置を上に」ですが、中央寄せ下寄せにも対応しています。

縦位置を中央に

縦位置を下に

プレビューで「タブレット」「モバイル」表示を確認できるように

プレビューでデスクトップの他に、タブレットやモバイルなどの画面での表示を簡易的に確認できるようになりました。

デスクトップ(デフォルト)
タブレット
モバイル

動画

今回のアップデートの変更点はとっても多く、字幕をつける余裕がなかったため、撮りっぱなしでアップしています。また、一部上記の説明から抜けているものもありますが、動かし方や雰囲気などをおわかりいただけるかと思います。

この記事に質問をする

カテゴリー
WordPressのニュース

WordPress5.4がリリース!ブロックエディターの機能が向上しました

4/1、WordPress5.4がリリースされました!

今回のリリースではブロックエディターの機能が増え、どんどん使いやすくなってきました。

今回はそんなブロックエディターの機能をご紹介します。
紹介にあたり、こちらの記事はWordPress5.4にアップデートした後のブロックエディターで書いています。

WordPress5.4のブロックエディター機能

カバーブロックにグラデーション追加

カバー画像

グラデーションを設定できる

ボタン機能が向上

ソーシャルアイコンブロックが追加

TikTokブロックが追加

https://www.tiktok.com/@iroha1011wcorgi/video/6810567190928985345

動画

追加機能についてを動画にしました。

この記事に質問をする

カテゴリー
WordPressのニュース

WordPress、年に1度の大型アップデートが11月12日に行われました

昨年はエディタがGutenbergになる、ということで年に一度の大型アップデートを「今か、今か」と待ち構えていましたが、今年は気づかぬうちに大型アップデートがリリースされていました。WordPress5.3となり、デフォルトのテーマもTwenty Twentyになりました。

この記事に質問をする

カテゴリー
IT関連ニュース

httpsの中にあるhttpの画像など見えなくなる。。Google Chormeで2020年からHTTPS・HTTP混在ページのコンテンツをブロック

Google Chormeのver.81から2020年からHTTPSの中にHTTPが混在されているページのコンテンツがブロックされます。

この記事に質問をする

カテゴリー
セキュリティ情報

7payだけじゃない、オムニIDについても注意が必要

「7payのセキュリティの問題で、5500万円の不正利用があった」というニュースがありました。 7pay不正利用、被害額は5500万円になる可能性

この記事に質問をする

カテゴリー
セキュリティ情報

Firefoxをお使いの方は今すぐ更新を!「危険度最高の脆弱性で更新リリース」

ブラウザーFirefoxをお使いの方は今すぐ更新をして下さい。

この記事に質問をする

カテゴリー
WordPressのニュース

Classic Editorの利用期限について

以前こちらの記事でClassic Editorの期限について書きましたが、現在確認してみたところ若干変更があったのでそれについて情報を更新します。 https://ja.wordpress.org/plugins/classic-editor/ こちらの情報を見ますと、
Classic Editorは公式のWordPressプラグインであり、少なくとも2022年まで、または必要とされる限り完全にサポートされ、維持されます。
ということが書いてありました。以前2021年12月末と書きましたが、少なくとも2022年までということは2022年12月までは使えるのではないかと思われます。また 必要とされる限り完全にサポートされ、維持されます と書いてありましたので、必要とされる限りはずっと使えるということのようです。 今後の成り行きにもよりますが、今時点でClassic Editorを使っていても大丈夫という感はあります。また詳しい情報が入ってきましたらお知らせさせていただきます。

この記事に質問をする

カテゴリー
セキュリティ情報

佐川急便を語った、SMSでの不在通知メールに注意

先日外に出かけて、帰ってきたタイミングでSMSが届いていることに気づきました。佐川急便からの不在通知です。荷物が届く予定はなかったのですがなにかずっと以前に注文していて忘れていたのかな?とあまり不審には思いませんでした。

佐川急便からの不在連絡SMS

届いていたSMSの内容はこのようなものでした。 問合せを送ってきた電話番号に電話をしましたが電話は通じません。電話が通じないので、書いてあるURLを開いてみますが、なんか佐川急便のトップページに移動するだけで面倒です。

佐川急便に電話をしてみた

ということで佐川急便の担当店を探して電話をしてみました。 私「SMSで不在通知が届いたのですが、電話をしても出なくて」 オペレーター「佐川急便ではSMSで不在通知は出していません。詐欺メールですので決してURLをクリックしないようにしてください!削除をお願いします」 ということでした。 びっくりしました。自分がこのようなものにひっかかるとは思っていなかったので、えーって感じでした。

佐川急便、不在通知、SMSでさらに調べました

ということで、いったい何を狙ってこのようなメールを送ってくるのだろうか?ということを調べてみました。 キーワードは「佐川急便 不在通知 SMS」です。 とても沢山の情報がありました。それらのページを見ると、
  • 不在通知をSMSで送る
  • URLを貼る
  • そのURLからアプリをダウンロードさせる
  • アプリではスマートフォンにある個人情報などを抜き取ったり、権限を乗っ取ったりされる
  • あるいは「クレジット決済が出来るようになった」ということでクレジット番号を入力する画面に誘導し、クレジット番号を抜き取る
など、の手口のようでした。 佐川急便本体でも注意喚起のページがあります。 詳しい情報をお知りになりたい場合は、参照してみて下さい。

様々な手口にひっかからないために注意しておくこと

今回、完全に疑っていなかったのですが後から考えれば不審な点がありました。
  • 不在通知が入っていなかった(事前に電話で連絡してくる場合があるので、それかな?と思った)
  • 佐川急便のURLがおかしかった
  • そもそも荷物が届く予定はなかった
と、いくつかの不審点があったのに気づかずに看過してしまいました。今後はもっと注意をしたいと思います。 また、途中までだまされたとしても
  • アプリをダウンロード
  • クレジット番号を入力
  • なにかのパスワードを入力
  • 添付ファイルを開く
などの場面になったら「これって本物か?」と疑うことにしています。少なくともここまで進んだとしてもこれらの瞬間に疑うようにすれば最後の砦(?)は守れるのではないかなと思いますので、よろしければこのポイントを覚えておいていただければと思います。

この記事に質問をする

カテゴリー
IT関連ニュース

YouTubeがダウン!自分のホームページだけがおかしい?と思ったときの確認方法

2018/10/17 10時頃から1時間強の間、YouTubeがダウンしていました。調べてみたところ、全世界的に落ちていたようです。YouTubeのような巨大なサイトでも稀にこういうことがあるのですね。おおよその場合少し待っていると回復しますので、慌てずに待っているということが肝心と思います。 YouTubeがダウンしているという情報がわかれば安心できますが、自分のホームページにYouTubeが埋め込まれていたような場合に このような表示になっているので、「え?うちのホームページこわれちゃった!?」と焦るかもしれません。そんなときに素早く情報を確認する方法について書いてみます。

Twitterで調べてみる

Twitterの検索で、 YouTube と入力してみます。英語だけを使えば日本だけでなく世界中の情報を見ることができます。案の定、Twitterが落ちているということが日本だけでなく多くの言語で発信されていました。

いつから落ちているのか確認できるサイトで見てみる

多くのサービスのダウン状況を見ることの出来るWEBサイトがあります。 ダウンディテクター というWEBサイトです。こちらで 調べたいサービスのアイコンをクリックすると このように本日の10:04あたりから障害が発生していたことがわかります。 コメントも見ることが出来るので、自分だけでないという安心感も得ることが出来ます!

まとめ:まずはTwitterから

このようにまずはTwitterで調べてみると、自分だけでない場合に多くのTweetが書いてあるので状況を把握することが出来ます。 それ以外にもFacebookなどのSNSでITに強そうな人をフォローしておくと何かがあったときに書き込みがあって気がつくことが多いです。

この記事に質問をする

カテゴリー
セキュリティ情報

Facebookアクセストークン流出事件についての対策は必要か?

先日「Facebook 5千万人情報流出」というニュースが流れました。今現在、Facebookによってこの流出に対する対応が終わり「問題は収束した」という状態になっています。 このような情報が流れると、「自分は大丈夫か?」という気持ちも起こると思いますので、これはどのようなことが起こっていたのか、について書きます。

この記事に質問をする