カテゴリー
IT関連ニュース

httpsの中にあるhttpの画像など見えなくなる。。Google Chormeで2020年からHTTPS・HTTP混在ページのコンテンツをブロック

Google Chormeのver.81から2020年からHTTPSの中にHTTPが混在されているページのコンテンツがブロックされます。

httpsの中にあるhttpの画像や動画が見えなくなる!?

今まではhttpsの中にhttpの画像や動画などがある場合でも、URL欄の中に鍵マークが出ないだけでした。

しかし、Google Chormeのver.81からhttps・httpの混在をブロックするアップデートを行う流れになりました。
ver.79からこの動きは進められるようです。

https・httpの混在をブロックしている時の見え方

現在はiframeという、YoutubeやGoogleマップの埋め込みに使われているタグのurlがhttpsの場合はiframeタグで埋め込んでいるものが表示されません。

Youtubeの動画を埋め込んだ時の例です。

https://www.youtube.com/(後略) のURLが埋め込まれているiframeタグではこのように表示されています。

http://www.youtube.com/(後略) のURLが埋め込まれているiframeタグではこのように真っ白になってしまいます。

つまり、2020年に画像でもこのような真っ白な表示になってしまうということです。
詳しくはGoogleの公式ブログ(英文)またはマイナビのニュースをご覧ください。

参照:https://security.googleblog.com/2019/10/no-more-mixed-messages-about-https_3.html
https://news.mynavi.jp/article/20191007-904196/?fbclid=IwAR2lQPhLTWLer5BFhIQjFHnO0gaG06oF2yKz_t4ALga5LRdOqCtICMbzfvs

この記事に質問をする