カテゴリー
IT関連ニュース

2018年7月24日、Chrome68アップデートで「保護されていない通信」と表示されるように

昨年から警告されてきたことですが、2018年7月24日に行われたChrome68のアップデートで、SSL化されていないホームページは「保護されていない通信」と表示されるようになりました。

SSL化されていないホームページの表示

SSL化されていないホームページの表示では、

このように「保護されていない通信」という文字が表示されるようになりました。

SSL化するのは簡単ですが、画像のURLがhttp://のままだと「保護されていない通信」に

こちらで把握しているところではSSL化が無料で行いやすいレンタルサーバーは

  • XSERVER
  • MixHost
  • ロリポップ

です。

これらのサーバーでSSL化するのは管理画面で指定すればいいので簡単です。しかし、それだけではまだSSL化は完了しません。

コンテンツに表示している画像のURLがhttp:// のままだと「保護されていない通信」と表示されることになります。

すべてのページ、ウィジェットの画像のURLをhttpsに変更するなどの作業が必要になります。

この記事に質問をする